vSphere Storage I/O Control によって、クラスタ全体でストレージ I/O の優先順位付けが可能となり、ワークロードの統合が強化されるため、過剰なプロビジョニングに伴うコストの削減につながります。

Storage I/O Control では、ストレージ I/O リソースを処理するためのシェアと制限の構造を拡張できます。I/O が輻輳状態の間に仮想マシンに割り当てるストレージ I/O の量を制御できます。こうすると重要度の高い仮想マシンに対し、重要度の低い仮想マシンよりも多くの I/O リソースを確実に割り当てることができます。

データストアで Storage I/O Control を有効にすると、ESXi は、そのデータストアとの通信時にホストが監視するデバイスの待ち時間の監視を始めます。デバイスの待ち時間がしきい値を上回ると、そのデータストアは輻輳状態であると見なされ、そのデータストアにアクセスする各仮想マシンに、それぞれのシェアに応じた I/O リソースが割り当てられます。仮想マシンごとにシェアを設定します。必要に基づいて、それぞれの数を調整できます。

I/O フィルタ フレームワークである Sphere API for I/O Filtering (VAIO) により、VMware およびそのパートナーは各 VMDK の I/O を遮断し、VMDK の詳細レベルで必要な機能を提供するフィルタを開発できます。VAIO はストレージ ポリシー ベース管理 (SPBM) とともに動作し、VMDK に関連付けられているストレージ ポリシーを介してフィルタの優先順位を設定できます。

Storage I/O Control は、2 つの手順で設定します。

  1. データストアに対して Storage I/O Control を有効にします。

  2. 各仮想マシンに許可される、ストレージ I/O シェアの数と 1 秒あたりの I/O 処理数 (IOPS) の上限を設定します。

デフォルトでは、すべての仮想マシンのシェアは標準 (1000) に、IOPS は制限なしに設定されます。

注:

ストレージ DRS 対応のデータストア クラスタでは、Storage I/O Control がデフォルトで有効となっています。