ストレージ DRS の問題を診断するには、手動でストレージ DRS を実行する前に、ストレージ DRS 統計情報を削除できます。

このタスクについて

重要:

ストレージ DRS 統計情報を削除するオプションを有効にした場合、このオプションを無効にしないかぎり、統計情報はストレージ DRS が実行されるたびに削除されます。ストレージ DRS の問題の診断後は、常にこのオプションを無効にしてください。

前提条件

データストア クラスタ用のストレージ DRS を有効にします。

手順

  1. ClearIoStatsOnSdrsRun オプションを有効にします。
    1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストア クラスタを参照して移動します。
    2. 構成 タブをクリックし、サービス をクリックします。
    3. vSphere DRS を選択し、編集 をクリックします。
    4. 詳細オプション を展開して、追加 をクリックします。
    5. 「オプション」列に「ClearIoStatsOnSdrsRun」と入力します。
    6. 対応する値テキスト ボックスに、「1」 と入力します。
    7. OK をクリックします。
  2. データストア クラスタ用のストレージ DRS を実行します。

    vSphere Web Client インベントリ内のすべてのデータストア クラスタにあるすべてのデータストアおよび仮想ディスクについての現在のストレージ DRS 統計情報が削除されますが、新しい統計情報は収集されません。

  3. ClearIoStatsOnSdrsRun フラグ値を 0 に変更して無効にします。
  4. ストレージ DRS を再度実行します。

    ストレージ DRS が通常どおりに実行されます。新しい設定が有効になるまで、数時間かかります。