仮想 NUMA の詳細属性を使用して、仮想 NUMA の使用率をカスタマイズできます。

表 1. NUMA の詳細属性

属性

説明

デフォルト

cpuid.coresPerSocket

仮想 CPU ソケットあたりの仮想コア数の決定。この値が 2 以上の場合、仮想マシンに仮想 NUMA トポロジがあれば、仮想 NUMA ノードのサイズも決定します。各物理ホストの仮想 NUMA トポロジを正確に知っている場合、このオプションを設定できます。

1

numa.autosize

このオプションを設定するとき、仮想 NUMA トポロジには、仮想ノードあたり、各物理ノードのコア数と同数の仮想 CPU があります。

FALSE

numa.autosize.once

これらの設定で仮想マシンのテンプレートを作成した場合、その後仮想マシンをパワーオンするたびに、設定は同じであることが保証されます。仮想 NUMA トポロジは、仮想マシンの仮想 CPU の構成数が変更されると再評価されます。

TRUE

numa.vcpu.maxPerVirtualNode

cpuid.coresPerSocket は 2 のべき乗で制約が強すぎる場合、直接、numa.vcpu.maxPerVirtualNode を設定できます。このケースでは、cpuid.coresPerSocket は設定しません。

8

numa.vcpu.min

仮想 NUMA トポロジを生成するために必要な最小限の、仮想マシン内の仮想 CPU 数。

9

numa.vcpu.maxPerMachineNode

NUMA ノードで同時にスケジュール可能な、同一の仮想マシンに属する最大仮想 CPU 数。この属性を使用することにより、別の NUMA ノードの別の NUMA クライアントに強制して、確実に最大の帯域幅を得ます。

仮想マシンが実行中の物理ホストの、ノードあたりのコア数。

numa.vcpu.maxPerClient

NUMA クライアント中の最大仮想 CPU 数。1 つのクライアントは、単一エンティティとして NUMA に管理された仮想 CPU のグループです。デフォルトでは、各仮想 NUMA ノードは NUMA クライアントです。ただし、ある仮想 NUMA ノードが物理的な NUMA ノードより大きい場合、単一の仮想 NUMA ノードを複数の NUMA クライアントでバッキングできます。

numa.vcpu.maxPerMachineNode に等しい

numa.nodeAffinity

仮想マシンの仮想 CPU とメモリがスケジュールできる NUMA ノードのセットに制約を加えます。

注:

NUMA ノードのアフィニティを制限すると、NUMA ノード全体の仮想マシンを再バランスする NUMA スケジューラの機能を妨害している場合があります。NUMA ノードのアフィニティを指定する前には必ず、再バランスの問題を検討してください。

numa.mem.interleave

1 台の仮想マシンに割り当てられたメモリが、それが構成する NUMA クライアントが実行されているすべての NUMA ノードで静的にインタリーブされるかどうかと、公開されている仮想 NUMA トポロジがないかどうかを指定します。

True