リソースを管理する場合、その目的が何であるかを認識しておく必要があります。

リソース管理は、リソースのオーバーコミットを解決できるだけでなく、次のことの実現にも役立ちます。

  • パフォーマンスの分離: 仮想マシンがリソースを独占するのを防ぎ、予測可能なサービス率を確保する。

  • 効率的な利用: アンダーコミットされているリソースを活用し、性能低下を抑えたオーバーコミットを行う。

  • 容易な管理: 仮想マシンの相対的な重要度を制御し、柔軟な動的パーティショニングを提供し、絶対的なサービス レベル アグリーメントを達成する。