仮想マシンの VMDK 非アフィニティ ルールを作成して、どの仮想ディスクを別のデータストアに格納する必要があるかを示すことができます。

このタスクについて

VMDK 非アフィニティ ルールは、ルールが定義された仮想マシンに適用されます。すべての仮想マシンに適用されるわけではありません。ルールは、互いに分離する仮想ディスクのリストとして表示されます。

1 台の仮想マシンに対して仮想マシン内非アフィニティ ルールと仮想マシン内アフィニティ ルールを設定しようとすると、vCenter Server で最後に定義されたルールが拒否されます。

仮想マシンが VMDK 非アフィニティ ルールの対象となる場合は、次の動作が適用されます。

  • ストレージ DRS は、仮想マシンの仮想ディスクをルールに従って配置します。

  • ストレージ DRS は、データストアをメンテナンス モードにするなどの強制的な理由で移行する場合でも、ルールに従って vMotion を使用して仮想ディスクを移行します。

  • 仮想マシンの仮想ディスクがルールに違反している場合、ストレージ DRS は移行推奨を行ってエラーを修正します。推奨を行ってエラーを修正できない場合は、その違反をエラーとして報告します。

デフォルトでは、仮想マシン内非アフィニティ ルールは定義されません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストア クラスタを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックし、構成 をクリックします。
  3. 仮想マシン/ホスト ルール を選択します。
  4. 追加 をクリックします。
  5. ルールの名前を入力します。
  6. [タイプ] メニューで VMDK 非アフィニティ を選択します。
  7. 追加 をクリックします。
  8. 仮想マシンの選択 をクリックします。
  9. 仮想マシンを選択し、OK をクリックします。
  10. ルールが適用される仮想ディスクを少なくとも 2 つ選択し、OK をクリックします。
  11. OK をクリックしてルールを保存します。