ストレージ DRS アフィニティまたは非アフィニティ ルールにより、データストアがメンテナンス モードを開始できなくなる可能性があります。データストアをメンテナンス モードに切り替えるときに、これらのルールを無視できます。

このタスクについて

データストア クラスタに対し、メンテナンスでアフィニティ ルールを無視するオプションを有効にした場合、データストアのメンテナンス モードへの切り替えを妨げるストレージ DRS のアフィニティ ルールまたは非アフィニティのルールが、vCenter Server で無視されます。

ストレージ DRS ルールは、退避の推奨についてのみ無効になります。容量およびロード バランシングの推奨や初期配置の推奨を作成するときのルールが、vCenter Server によって阻害されることはありません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストア クラスタを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックし、サービス をクリックします。
  3. DRS を選択し、編集 をクリックします。
  4. 詳細オプション を展開して、追加 をクリックします。
  5. 「オプション」列に「IgnoreAffinityRulesForMaintenance」と入力します。
  6. オプションを有効にするには、値の列に 「1」 と入力します。

    オプションを無効にするには、「0」 と入力します。

  7. OK をクリックします。

タスクの結果

メンテナンスでアフィニティ ルールを無視するオプションがデータストア クラスタに適用されます。