VMDK アフィニティ ルールにより、特定の仮想マシンに関連付けられているデータストア クラスタ内のすべての仮想ディスクが、データストア クラスタ内の同じデータストアに配置されます。このルールは個々のデータストア クラスタに適用されます。

このタスクについて

VMDK アフィニティ ルールは、データストア クラスタ内のすべての仮想マシンに対し、デフォルトで有効になっています。データストア クラスタや個々の仮想マシンでは、このデフォルト設定をオーバーライドできます。

VMDK アフィニティ ルールが適用される仮想マシンは、次のように動作します。

  • ストレージ DRS は、仮想マシンの仮想ディスクをルールに従って配置します。

  • ストレージ DRS は、データストアをメンテナンス モードにするなど強制的な移行の場合でも、vMotion を使用し、ルールに従って仮想ディスクを移行します。

  • 仮想マシンの仮想ディスクがルールに違反している場合、ストレージ DRS は移行の推奨を作成してエラーを修正します。推奨を作成してエラーを修正できない場合は、その違反を障害としてレポートします。

ストレージ DRS が有効なデータストア クラスタにデータストアを追加し、仮想マシンがそのデータストア上の仮想ディスクを使用するとします。この仮想マシンが他のデータストアに配置された仮想ディスクを使用している場合は、VMDK アフィニティ ルールが無効になります。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストア クラスタを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックし、構成 をクリックします。
  3. 仮想マシンのオーバーライド を選択します。
  4. Add をクリックします。
  5. + ボタンを使用して、仮想マシンを選択します。
  6. VMDK の包括 ドロップダウン メンテナンスをクリックし、いいえ を選択します。
  7. OK をクリックします。