ホストのローカル スワップを使用すると、ホスト上にローカルに格納されているデータストアをスワップ ファイルの場所として指定できます。DRS クラスタで、ホストのローカル スワップを有効にすることができます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、クラスタを参照して移動します。
  2. 構成 をクリックします。
  3. 構成全般 を選択して、スワップ ファイルの場所を表示します。次に、編集 をクリックしてスワップ ファイルを変更します。
  4. ホストが指定するデータストア オプションを選択し、OK をクリックします。
  5. vSphere Web Client ナビゲータで、クラスタ内のホスト 1 つを参照して移動します。
  6. 構成 をクリックします。
  7. [仮想マシン] で、スワップ ファイルの場所 を選択します。
  8. [編集] をクリックし、使用するローカル データストアを選択して、OK をクリックします。
  9. クラスタ内の各ホストに対して、5 から 8 の手順を繰り返します。

タスクの結果

これで、ホストのローカル スワップが DRS クラスタで有効になりました。