仮想マシンの詳細属性を使用して、仮想マシンの構成をカスタマイズできます。

表 1. 仮想マシンの詳細属性

属性

説明

デフォルト

sched.mem.maxmemctl

選択した仮想マシンからバルーニングによって解放される、メガバイト (MB) 単位での最大メモリ量です。ESXi ホストが追加メモリを解放しなければならない場合、ESXi ホストはスワップを強制されます。スワップはバルーニングよりも好ましくありません。

-1 (制限なし)

sched.mem.pshare.enable

選択した仮想マシンのメモリ共有を有効にします。

このブール値のデフォルトは True です。仮想マシンに対して False に設定すると、メモリ共有がオフになります。

True

sched.mem.pshare.salt

ソルト値は、仮想マシンごとに構成可能な VMX オプションです。仮想マシンの VMX ファイルにこのオプションが存在しない場合は、vc.uuid vmx オプションの値がデフォルト値として使用されます。vc.uuid は各仮想マシンに一意の値であるため、透過的なページ共有は、デフォルトでは、特定の仮想マシンに属するページ間(仮想マシン内)でのみ行われます。仮想マシンのグループが信頼できるとみなされる場合は、グループ内のすべての仮想マシン(仮想マシン間)に共通のソルト値を設定することによって、グループ内でページを共有できます。

ユーザーが構成可能

sched.swap.persist

仮想マシンがパワーオフになった場合に仮想マシンのスワップ ファイルを残すか、削除するかを指定します。デフォルトでは、システムは、仮想マシンがパワーオンになった時点でその仮想マシンのスワップ ファイルを作成し、仮想マシンがパワーオフになった時点でスワップ ファイルを削除します。

False

sched.swap.dir

仮想マシンのスワップ ファイルのディレクトリの場所です。デフォルトでは、仮想マシンの作業ディレクトリになります。つまり、仮想マシンの構成ファイルを格納するディレクトリです。このディレクトリは、仮想マシンにアクセス可能なホスト上にある必要があります。仮想マシン (または仮想マシンから作成されたクローン) を移動する場合は、この属性をリセットする必要があることがあります。

workingDir に等しい