暗号化された仮想マシンを vSphere Web Client から作成すると、仮想マシンの作成中に追加した仮想ディスクがすべて暗号化されます。暗号化された仮想ディスクは、仮想マシン ストレージ ポリシーの編集オプションを使用して復号化できます。

このタスクについて

注:

暗号化された仮想マシンに暗号化されていない仮想ディスクを割り当てることはできます。一方、暗号化されていない仮想マシンに暗号化された仮想ディスクを割り当てることはできません。

仮想ディスクの暗号化を参照してください。

このタスクでは、ストレージ ポリシーを使用して暗号化ポリシーを変更する方法について説明します。この変更は、設定の編集メニューを使用して行うこともできます。

前提条件

暗号化操作 > 暗号化ポリシーの管理 権限が必要となります。

手順

  1. vSphere Web Client で仮想マシンを右クリックし、仮想マシン ポリシー > 仮想マシン ストレージ ポリシーの編集 を選択します。
  2. ストレージ ポリシーの変更対象となるハード ディスクを選択し、必要なポリシー([データストアのデフォルト] など)を選択します。