ホストが vCenter Server システムに追加されると、vCenter Server はホストの証明書署名要求 (CSR) を VMCA に送信します。vSphere Web ClientvCenter Server 詳細設定を使用して、CSR のデフォルト設定の一部を変更できます。

このタスクについて

組織固有のデフォルト証明書設定を変更します。デフォルト設定の完全なリストについては、ESXi 証明書のデフォルト設定を参照してください。一部のデフォルトは変更できません。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストを管理している vCenter Server システムを選択します。
  2. 構成 をクリックし、詳細設定 をクリックします。
  3. [フィルタ] ボックスに「certmgmt」と入力し、証明書管理パラメータのみを表示します。
  4. 会社のポリシーに合わせて既存のパラメータの値を変更し、OK をクリックします。

    次に vCenter Server にホストを追加するときに、vCenter Server から VMCA に送信される証明書署名要求 (CSR) と、ホストに割り当てられる証明書で新しい設定が使用されます。

次のタスク

証明書のメタデータへの変更は、新しい証明書にのみ影響します。すでに vCenter Server システムで管理されているホストの証明書を変更する場合は、ホストを切断してから再接続するか、または証明書を更新します。