グローバル権限を使用すると、ユーザーまたはグループに、デプロイ環境のすべてのインベントリ階層のすべてのオブジェクトに対する権限を付与できます。

このタスクについて

重要:

グローバル権限は慎重に使用してくだい。すべてのインベントリ階層にあるすべてのオブジェクトに対して権限を割り当てる必要が本当にあるかどうか確認してください。

前提条件

このタスクを実行するには、すべてのインベントリ階層の ルート オブジェクトに対する 権限 > 権限の変更 権限が必要です。

手順

  1. 管理 をクリックし、[アクセス コントロール] 領域で グローバル権限 を選択します。
  2. 管理 をクリックし、権限の追加 アイコンをクリックします。
  3. 選択したロールに定義された権限を付与するユーザーまたはグループを選択します。
    1. ドメイン ドロップダウン メニューから、ユーザーまたはグループのドメインを選択します。
    2. [検索] ボックスに名前を入力するか、リストから名前を選択します。

      システムは、ユーザー名、グループ名、および説明の中から検索します。

    3. ユーザーまたはグループを選択し、追加 をクリックします。

      ユーザー または グループ リストのいずれかに名前が追加されます。

    4. (オプション) : 名前の確認 をクリックして、アイデンティティ ソースにユーザーまたはグループが存在するか確認します。
    5. OK をクリックします。
  4. 割り当てられたロール ドロップダウン メニューからロールを選択します。

    オブジェクトに割り当てられているロールがメニューに示されます。そのロールに含まれている権限は、ロール タイトルの下のセクションに一覧表示されます。

  5. 子へ伝達 チェック ボックスをオンのままにするかどうかを決定します。

    グローバル権限を割り当てて 伝達 を選択しない場合、この権限に関連付けられたユーザーまたはグループは、階層内のオブジェクトにアクセスできません。これらのユーザーまたはグループは、ロールの作成などの一部のグローバル機能へのアクセス権のみを持ちます。

  6. OK をクリックします。