仮想マシンは、そのストレージ ポリシーを変更することで復号化することができます。

このタスクについて

暗号化されたすべての仮想マシンには、暗号化された vMotion が必要となります。仮想マシンの復号化中は、暗号化された vMotion の設定が維持されます。暗号化された vMotion が今後使用されないようにこの設定を変更するには、明示的に設定を変更してください。

このタスクでは、ストレージ ポリシーを使用して復号化を実行する方法について説明します。仮想ディスクの復号化には、設定の編集 メニューを使用することもできます。

前提条件

  • 仮想マシンが暗号化されていること。

  • 仮想マシンがパワーオフ状態またはメンテナンス モードであること。

  • 必要な権限:暗号化操作 > 暗号化解除

手順

  1. vCenter ServervSphere Web Client を使用して接続します。
  2. 変更対象の仮想マシンを右クリックし、仮想マシン ポリシー > 仮想マシン ストレージ ポリシーの編集 の順に選択します。

    仮想マシン ファイル(仮想マシン ホーム)のストレージ ポリシーと仮想ディスクのストレージ ポリシーを設定することができます。

  3. ドロップダウン メニューからストレージ ポリシーを選択します。
    • 仮想マシンとそのハード ディスクを復号化するには、すべてに適用 をクリックします。

    • 仮想マシンは復号化せずに仮想ディスクだけを復号化するには、テーブル内のドロップダウン メニューから仮想ディスクのストレージ ポリシーを選択します。仮想マシン ホームのポリシーは変更しないでください。

    仮想マシンのみを復号化し、ディスクだけを暗号化した状態にすることはできません。

  4. OK をクリックします。
  5. (オプション) : これで [暗号化された vMotion] の設定を変更することができます。
    1. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
    2. 仮想マシン オプション をクリックし、暗号化 を開きます。
    3. 暗号化された vMotion の値を設定します。