ユーザーがホストで ESXi Shell を有効にしていてセッションからログアウトし忘れた場合、アイドル セッションは無期限に接続されたままになります。接続を開いたままにすると、誰かがホストに対するアクセス権を取得する潜在性が高くなります。アイドル セッションのタイムアウトを設定することによって、これを防止できます。

このタスクについて

アイドル タイムアウト設定は、セッションがアイドル状態になってから、ユーザーがログアウトされるまでの許容経過時間を示します。アイドル タイムアウトの変更は、ユーザーが次回 ESXi Shell にログインする際に適用されます。既存のセッションは影響を受けません。

タイムアウトをダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスで指定するか(秒単位)、または vSphere Web Client で指定します(分単位)。

手順

  1. トラブルシューティング モード オプション メニューから、ESXi Shell および SSH のタイムアウトの変更 を選択し、Enter を押します。
  2. アイドル タイムアウトを秒単位で入力します。

    タイムアウトを有効にするには、SSH サービスと ESXi Shell サービスの再開が必要です。

  3. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスのメイン メニューに戻るまで、Enter を押し、Esc を押します。

タスクの結果

セッションがアイドル状態の場合、タイムアウト期間が経過した後、ユーザーがログアウトされます。