vSphere Authentication Proxy には、vSphere Web Client から、または camconfig コマンドを使用してドメインを追加することができます。

このタスクについて

vSphere Authentication Proxy にドメインを追加できるのは、プロキシを有効にした後のみです。ドメインを追加すると、vSphere Authentication Proxy は Auto Deploy を使用してプロビジョニングしたすべてのホストをそのドメインに追加します。それ以外のホストにドメイン権限を付与しないようにする場合も、vSphere Authentication Proxy を使用できます。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して vCenter Server システムに接続します。
  2. 管理 をクリックし、デプロイシステム構成 をクリックします。
  3. サービス をクリックし、VMware vSphere Authentication Proxy サービスをクリックして、編集 をクリックします。
  4. vSphere Authentication Proxy からのホストの追加先となるドメインの名前を入力し、さらに、ドメインにホストを追加するための Active Directory 権限を持ったユーザーの名前を入力します。

    このダイアログにあるその他のフィールドは、情報提供のみを目的としたものです。

  5. 省略符号アイコンをクリックしてユーザーのパスワードを追加して確認し、OK をクリックします。