vSphere 6 以降では、デフォルトで VMCA 証明書がホストに割り当てられています。証明書モードをサムプリント モードに変更している場合、レガシー ホストでもサムプリント モードを引き続き使用できます。vSphere Web Client で、サムプリントを検証することができます。

このタスクについて

注:

デフォルトでは、証明書は複数のアップグレードにわたって保持されます。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、vCenter Server システムを参照して移動します。
  2. 構成 をクリックします。
  3. 設定 で、全般 をクリックします。
  4. [編集] をクリックします。
  5. SSL 設定 をクリックします。
  6. ESXi 5.5 以前のホストのいずれかを手動で検証する場合、ホスト用に一覧表示されたサムプリントとホスト コンソール内のサムプリントを比較します。

    ホストのサムプリントを取得するには、ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) を使用します。

    1. ダイレクト コンソールにログインし、F2 キーを押して [システムのカスタマイズ] メニューにアクセスします。
    2. サポート情報の表示 を選択します。

      右側の列にホストのサムプリントが表示されます。

  7. サムプリントが一致している場合、ホストの横にある 検証 を選択します。

    選択しなかったホストは、OK をクリックすると切断されます。

  8. [OK] をクリックします。