vSphere 6.5 以降では、暗号化された仮想マシンを vSphere vMotion で移行する際に常時、暗号化が使用されます。暗号化されていない仮想マシンについては、暗号化された vSphere vMotion のいずれかのオプションを選択できます。

暗号化された vSphere vMotion では、vSphere vMotion で転送されるデータの機密性、整合性、信頼性が確保されます。暗号化された vSphere vMotion は、暗号化されていない仮想マシンを対象に、あらゆる種類の vSphere vMotion(vCenter Server システム同士での移行を含む)をサポートします。暗号化された仮想マシンについては、vCenter Server システム同士での移行がサポートされません。

暗号化されたディスクについては、データが暗号化された状態で転送されます。暗号化されていないディスクについては、Storage vMotion の暗号化はサポートされません。

暗号化された仮想マシンを vSphere vMotion で移行する場合は常に、暗号化された vSphere vMotion が使用されます。暗号化された仮想マシンが対象である場合、暗号化された vSphere vMotion をオフにすることはできません。

暗号化されていない仮想マシンの場合、暗号化された vSphere vMotion を次のいずれかの状態に設定することができます。デフォルトは [任意] です。

無効

暗号化された vSphere vMotion は使用されません。

任意

暗号化された vSphere vMotion は、ソースとターゲットの両方のホストでサポートされる場合に使用されます。ESXi バージョン 6.5 以降でのみ、暗号化された vSphere vMotion が使用されます。

必須

暗号化された vSphere vMotion のみ許可されます。暗号化された vSphere vMotion が、ソースとターゲットの両方のホストでサポートされていなければ、vSphere vMotion による移行は許可されません。

仮想マシンを暗号化するときに、暗号化された vSphere vMotion に関して使用されている設定が仮想マシンに記録されます。後で仮想マシンの暗号化を無効にした場合、暗号化された vMotion の設定が [必須] のままになります。これは設定を明示的に変更するまで変わりません。この設定は 設定の編集 を使用して変更することができます。

暗号化されていない仮想マシンに対しての、暗号化された vSphere vMotion の有効化と無効化については、『vCenter Server およびホスト管理』のドキュメントを参照してください。