ESXi Shell はデフォルトでは無効になっています。ESXi Shell の可用性タイムアウトを設定し、シェルを有効にした場合のセキュリティを強化できます。

このタスクについて

可用性タイムアウト設定は、ESXi Shell を有効にしてからログインするまでの許容経過時間を示します。タイムアウト期間が過ぎると、サービスが無効となり、ユーザーはログインできなくなります。

手順

  1. トラブルシューティング モード オプション メニューから、ESXi Shell および SSH のタイムアウトの変更 を選択し、Enter を押します。
  2. 可用性タイムアウトを入力します。

    タイムアウトを有効にするには、SSH サービスと ESXi Shell サービスの再開が必要です。

  3. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスのメイン メニューに戻るまで、Enter を押し、Esc を押します。
  4. OK をクリックします。

タスクの結果

タイムアウト期間が経過したときにログイン済みの場合は、セッションが維持されます。ただし、ログアウト後、またはセッション終了後は、ユーザーはログインできません。