暗号化された仮想マシンのクローンを作成すると、そのクローンは同じキーで暗号化されます。クローンのキーを変更するには、クローンをパワーオフし、API を使用してクローンの再暗号化(表層)を実行します。『vSphere Web Services SDK プログラミング ガイド』を参照してください。

このタスクについて

仮想マシンのクローンを作成するために仮想マシンをパワーオフする必要はありません。

前提条件

  • KMS との信頼された接続を確立して、デフォルトの KMS を選択します。

  • 暗号化ストレージ ポリシーを作成します。

  • 必要な権限:

    • 暗号化操作 > クローン作成

    • ホストの暗号化モードが有効でない場合は、暗号化操作 > ホストの登録 権限も必要です。

手順

  1. vCenter ServervSphere Web Client を使用して接続します。
  2. インベントリ内のオブジェクトから、仮想マシンの有効な親オブジェクト(ESXi ホストまたはクラスタなど)を選択します。
  3. 仮想マシンを右クリックし、プロンプトに従って、暗号化された仮想マシンのクローンを作成します。

    オプション

    アクション

    名前とフォルダの選択

    クローンの名前と作成先を指定します。

    コンピューティング リソースの選択

    暗号化された仮想マシンを自分の権限で作成することのできるオブジェクトを指定します。暗号化タスクの前提条件と必要な権限を参照してください。

    ストレージの選択

    仮想ディスク フォーマットの選択メニューで必要な選択を行い、データストアを選択します。クローン操作の過程でストレージ ポリシーを変更することはできません。

    クローン オプションの選択

    vSphere の仮想マシン管理』ドキュメントの説明に従ってクローン オプションを選択します。

    設定の確認

    情報を確認し、終了 をクリックします。