リソース権限は、リソース プールの作成と管理、および仮想マシンの移行を制御します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. リソース権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

リソース > 推奨の適用

vMotion での移行を実行するためにサーバからの提案を受け入れられるようにします。

クラスタ

リソース > vApp のリソース プールへの割り当て

リソース プールに vApp を割り当てられるようにします。

リソース プール

リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て

リソース プールに仮想マシンを割り当てられるようにします。

リソース プール

リソース > リソース プールの作成

リソース プールを作成できるようにします。

リソース プール、クラスタ

リソース > パワーオフ状態の仮想マシンの移行

別のリソース プールまたはホストにパワーオフ状態の仮想マシンを移行できるようにします。

仮想マシン

リソース > パワーオン状態の仮想マシンの移行

別のリソース プールまたはホストにパワーオン状態の仮想マシンを vMotion で移行できるようにします。

リソース > リソース プールの変更

リソース プールの割り当てを変更できるようにします。

リソース プール

リソース > リソース プールの移動

リソース プールを移動できるようにします。

移動元と移動先の両方に権限が必要です。

リソース プール

リソース > vMotion のクエリ

仮想マシンと一連のホストの一般的な vMotion 互換性を照会できるようにします。

ルート vCenter Server

リソース > リソース プールの削除

リソース プールを削除できるようにします。

この操作の実行を許可されるためには、オブジェクトとその親オブジェクトの両方でユーザーまたはグループにこの権限が割り当てられている必要があります。

リソース プール

リソース > リソース プール名の変更

リソース プールの名前を変更できるようにします。

リソース プール