仮想マシンから VMX ファイルへの情報メッセージを制限することで、データストアの容量がいっぱいになり、サービス拒否 (DoS) が発生することを防ぎます。DoS は、仮想マシンの VMX ファイルのサイズが管理されておらず、情報量がデータストアのキャパシティを超えた場合に発生します。

このタスクについて

仮想マシン構成ファイル(VMX ファイル)の制限は、デフォルトで 1 MB です。通常はこのキャパシティで十分ですが、必要に応じてこの値を変更できます。たとえば、ファイルにカスタム情報を大量に保存する場合は、上限を増やすこともできます。

注:

必要となる情報量を慎重に検討してください。情報量がデータストアのキャパシティを超えると、DoS が発生する可能性があります。

デフォルト制限値の 1 MB は、詳細オプションのリストに tools.setInfo.sizeLimit パラメータが含まれていない場合でも適用されます。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して vCenter Server システムにログインし、仮想マシンを検索します。
    1. ナビゲータで、仮想マシンおよびテンプレート を選択します。
    2. 階層の中から仮想マシンを探します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. tools.setInfo.sizeLimit パラメータを追加または編集します。