ゾーニングおよび LUN マスキングを使用して、SAN アクティビティを分離し、ストレージ デバイスへのアクセスを制限できます。

SAN リソースでゾーニングおよび LUN マスキングを使用することで、vSphere 環境におけるストレージへのアクセスを保護できます。たとえば、本番ゾーンでのアクティビティを妨げないようにするため、テスト用に定義されたゾーンを SAN 内で独立して管理できます。同様に、異なる部門に異なるゾーンを設定できます。

ゾーンを設定する場合、SAN デバイスで設定されているホスト グループを考慮してください。

各 SAN スイッチのゾーニングとマスキング機能および LUN マスキング管理用のディスク アレイとツールは、ベンダー固有です。

SAN ベンダーのマニュアルおよび vSphere ストレージ のドキュメントを参照してください。