vSphere Web Client を使用して、ESXi Shell へのローカルおよびリモート (SSH) のアクセスを有効にし、アイドル タイムアウトと可用性タイムアウトを設定できます。

このタスクについて

注:

vSphere Web Client、リモートのコマンド ライン ツール (vCLI および PowerCLI)、および発行済みの API を使用してホストにアクセスします。特別な状況によって SSH アクセスを有効にする必要がある場合を除き、SSH を使用してホストへのリモート アクセスを有効にしないでください。

前提条件

認証済みの SSH キーを使用する必要がある場合は、それをアップロードできます。ESXi SSH キー を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで、ホストに移動して参照します。
  2. 構成 をクリックします。
  3. [システム] で、セキュリティ プロファイル 選択します。
  4. [サービス] パネルで 編集 をクリックします。
  5. リストからサービスを選択します。
    • ESXi Shell

    • SSH

    • ダイレクト コンソール UI (DCUI)

  6. サービスの詳細 をクリックし、起動ポリシー 手動で開始および停止 を選択します。

    手動で開始および停止 を選択すると、ホストを再起動しても、サービスは開始されません。ホストの再起動時にサービスが開始されるようにするには、ホストに連動して開始および停止 を選択します。

  7. 開始 を選択してサービスを有効にします。
  8. OK をクリックします。

次のタスク

ESXi Shell の可用性とアイドル タイムアウトを設定します。vSphere Web Client での ESXi Shell 可用性のタイムアウトの作成 および vSphere Web Client でのアイドル ESXi Shell セッションのタイムアウトの作成 を参照してください。