vSphere Authentication Proxy サービスは、各 vCenter Server システムで利用できます。デフォルトでは、このサービスが実行されていません。ご利用の環境内で vSphere Authentication Proxy を使用する場合は、vSphere Web Client から、またはコマンド ラインからサービスを開始してください。

このタスクについて

vSphere Authentication Proxy サービスは、vCenter Server との通信のために IPv4 アドレスに拘束され、IPv6 はサポートされません。vCenter Server インスタンスは、IPv4 のみまたは IPv4/IPv6 混在モードのネットワーク環境内のホスト マシンにインストールしてください。ただし vSphere Web Client で vSphere Authentication Proxy のアドレスを指定するときは、IPv4 アドレスを指定する必要があります。

前提条件

ご使用の vCenter Server が 6.5 以降であることを確認します。それより前のバージョンの vSphere では、vSphere Authentication Proxy を別途インストールします。必要な手順については、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して vCenter Server システムに接続します。
  2. 管理 をクリックし、デプロイシステム構成 をクリックします。
  3. サービス をクリックし、VMware vSphere Authentication Proxy サービスをします。
  4. ウィンドウ上部のメニュー バーにある緑色の サービスを開始します アイコンをクリックします。
  5. (オプション) : サービスが開始されたら、アクション > 起動タイプの編集をクリックし、自動をクリックして、自動的に起動されるように設定します。

タスクの結果

これで vSphere Authentication Proxy ドメインを設定する準備ができました。その後は、Auto Deploy でプロビジョニングされたすべてのホストが vSphere Authentication Proxy によって処理されます。vSphere Authentication Proxy には、明示的にホストを追加することもできます。