vSphere Virtual Volumes 機能を最大限活用するには、特定のガイドラインに従う必要があります。

Virtual Volumes では、次の機能と VMware 製品がサポートされます。

  • Virtual Volumes を使用すると、レプリケーション、暗号化、重複解除、圧縮などの高度なストレージ サービスを個々の仮想ディスクで使用できます。Virtual Volumes で対応するサービスについては、ストレージ メーカーに問い合わせてください。

  • Virtual Volumes 機能では、vSphere APIs - Data Protection を使用するバックアップ ソフトウェアがサポートされています。Virtual Volumes は仮想ディスク上でモデル化されます。vSphere APIs - Data Protection を使用するバックアップ製品は、LUN の VMDK ファイル上と同様に Virtual Volumes でも完全にサポートされます。vSphere APIs - Data Protection を使用してバックアップ ソフトウェアで作成されるスナップショットは、vSphere とバックアップ ソフトウェアに非 VVol スナップショットとして認識されます。

    注:

    vSphere Virtual Volumes では、SAN 転送モードがサポートされていません。vSphere APIs - Data Protection によって別のデータ転送方法が自動的に選択されます。

    vSphere Storage APIs - Data Protection と利用中のバックアップ ソフトウェアの連携の詳細については、ソフトウェアのメーカーにご確認ください。

  • Virtual Volumes では、vSphere vMotion、Storage vMotion、スナップショット、リンク クローン、vSphere Flash Read Cache、および DRS などの vSphere 機能がサポートされています。

  • Virtual Volumes では、Oracle Real Application Clusters などのクラスタリング製品を使用できます。これらの製品を使用するには、VVol データストアに保存された仮想ディスクの複数書き込み設定を有効化します。

詳細については、http://kb.vmware.com/kb/2112039 のナレッジベースの記事を参照してください。Virtual Volumes の機能でサポートされる機能と製品の一覧については、『VMware 製品の相互運用性マトリックス』を参照してください。

vSphere Virtual Volumes の制限事項

vSphere Virtual Volumes を活用するために、次の制限事項を確認してください。

  • Virtual Volumes 環境では、vCenter Server が必要であるため、スタンドアロン ホストで Virtual Volumes を使用することはできません。

  • Virtual Volumes 機能は、RDM をサポートしません。

  • Virtual Volumes ストレージ コンテナは、複数の物理アレイにまたがることはできません。ベンダーの中には、複数の物理アレイを 1 つのアレイとして提供しているところがあります。このような場合は、引き続き 1 つの論理アレイを技術的に使用します。

  • Virtual Volumes データストアが含まれるホスト プロファイルは vCenter Server に固有です。このタイプのホスト プロファイルを抽出した場合、そのプロファイルは、リファレンス ホストと同じ vCenter Server によって管理されるホストおよびクラスタにのみ接続できます。