esxcli コマンドを使用して、ブロック ストレージ デバイスがハードウェア アクセラレーションをサポートするかどうかを照会します。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

esxcli --server=server_name storage core device vaai status get -d=device_ID コマンドを実行します。

VAAI プラグインがデバイスを管理する場合、出力にはデバイスに添付されたプラグイン名が表示されます。出力には、T10 SCSI ベースのプリミティブ(使用可能な場合)のサポート ステータスが表示されます。出力は次の例の通りです。

# esxcli --server=server_name storage core device vaai status get -d naa.XXXXXXXXXXXX4c
naa.XXXXXXXXXXXX4c
 VAAI Plugin Name: VMW_VAAIP_SYMM
 ATS Status: supported
 Clone Status: supported
 Zero Status: supported
 Delete Status: unsupported