ESXi でシン プロビジョニング ストレージ アレイを使用できます。

ESXi ホストはブロックベースのストレージと連携し、これらのタスクを実行できます。

  • ホストは基礎となるシン プロビジョニング LUN を認識し、ストレージ使用状態を監視して、物理容量の不足を回避できます。たとえば、VMFS データストアが増大した場合、または Storage vMotion を使用してシン プロビジョニング LUN に仮想マシンを移行する場合、LUN 容量は変更される可能性があります。ホストは、物理 LUN 容量の違反と容量不足状態について警告します。

  • ホストは VMFS6 および仮想マシン ゲスト OS からの自動 T10 unmap コマンドを発行して、アレイの未使用容量を再利用できます。VMFS5 は、手動による容量再利用方法をサポートします。

注:

ESXi は、ストレージ デバイスでのシン プロビジョニングの有効化と無効化をサポートしません。

要件

シン プロビジョニング レポートと容量再利用の機能を使用するには、次の要件を満たす必要があります。

  • 適切な ESXi バージョンを使用します。

    表 1. ESXi バージョンとシン プロビジョニングのサポート

    サポート対象のシン プロビジョニング コンポーネント

    ESXi 6.0 以前

    ESXi 6.5

    シン プロビジョニング

    はい

    はい

    VMFS から発行される Unmap コマンド

    VMFS5 の場合は手動。esxcli storage vmfs unmap を使用します。

    VMFS6 の場合は自動

    ゲスト OS から発行される Unmap コマンド

    可。限定的なサポート。

    可 (VMFS6)

  • T10 ベースの vSphere Storage APIs - Array Integration (VAAI) をサポートするストレージ システムを使用します(シン プロビジョニングと容量再利用を含む)。詳細は、ストレージ プロバイダに連絡して、VMware 互換性ガイド をご確認ください。