サードパーティ製の管理アプリケーションを ESXi ホストと一緒に使用できます。

ほとんどの SAN ハードウェアには、ストレージ管理ソフトウェアが付属しています。多くの場合、このソフトウェアは Web アプリケーションで、ネットワークに接続された Web ブラウザから利用できます。その他の場合では、このソフトウェアは通常、ストレージ システムまたは単一サーバで実行されます。 サーバが SAN をストレージとして使用しているかどうかは関係ありません。

このサードパーティ製の管理ソフトウェアを使用すると、次のタスクが実行できます。

  • ストレージ アレイの管理 (LUN の作成、アレイ キャッシュの管理、LUN のマッピング、LUN のセキュリティなど)

  • レプリケーション、チェック ポイント、スナップショット、ミラーリングの設定

仮想マシンで SAN 管理ソフトウェアを実行する場合、vMotion や VMware HA を使用したフェイルオーバーなど、仮想マシンのメリットが得られます。ただし、より間接的になるため、管理ソフトウェアで SAN を検出できないことがあります。この場合は RDM を使用できます。

注:

仮想マシンで管理ソフトウェアを正常に実行できるかどうかは、ストレージ アレイに依存します。