iBFT iSCSI から起動するようにホストを設定するとき、ESXi イメージをターゲット LUN にインストールします。

前提条件

  • 起動 NIC で、iSCSI 起動ファームウェアが、起動 LUN として使用するターゲット LUN を参照するように設定します。

  • iSCSI が DVD-ROM より優先されるように BIOS で起動シーケンスを変更します。

  • Broadcom 社のアダプタを使用している場合は、iSCSI ターゲットから起動無効 に設定します。

手順

  1. インストール メディアを CD/DVD-ROM ドライブに挿入し、ホストを再起動します。
  2. インストーラが開始したら、標準のインストール手順に従います。
  3. プロンプトが表示されたら、インストール ターゲットとして iSCSI LUN を選択します。

    インストーラが、ESXi 起動イメージを iSCSI LUN にコピーします。

  4. システムが再起動したら、インストール DVD を取り出します。