サード パーティによって提供された I/O フィルタを使用する場合、その I/O フィルタを ESXi ホスト クラスタにインストールします。

このタスクについて

VMware パートナーは、vSphere APIs for I/O Filtering (VAIO) 開発者プログラムを通じて I/O フィルタを作成します。フィルタ パッケージは通常、vSphere インストール バンドル (VIB) として配布されます。VIB パッケージには、I/O フィルタ デーモン、CIM プロバイダ、およびその他の関連付けられたコンポーネントを含めることができます。

通常、フィルタをデプロイするには、ベンダーによって提供されたインストーラを実行します。インストールは ESXi クラスタ レベルで実行されます。選択したホストにフィルタをインストールすることはできません。

前提条件

  • 必要な権限:ホスト.構成.パッチ

  • I/O フィルタ ソリューションが vSphere ESX Agent Manager と統合されていて、VMware によって認定されていることを確認します。

手順

ベンダーから提供されたインストーラを実行します。

インストーラにより、適切な I/O フィルタ拡張機能が vCenter Server にデプロイされ、フィルタ コンポーネントがクラスタ内のすべてのホストにデプロイされます。

クラスタ内の ESXi ホストごとに、ストレージ プロバイダ(VASA プロバイダとも呼ばれる)が自動的に登録されます。I/O フィルタ ストレージ プロバイダの自動登録が正常に完了した場合は、ホスト レベルでイベントがトリガされます。ストレージ プロバイダが自動登録に失敗すると、システムはホストでアラームを発生させます。