パワーオンされた仮想マシンを、あるホストから別のホストに移行する際に、仮想ディスクとともに Flash Read Cache コンテンツを移行するかどうかを指定できます。

前提条件

Flash Read Cache コンテンツを移行する場合は、ターゲット ホストで十分な仮想フラッシュ リソースを設定します。

手順

  1. 実行中の仮想マシンを右クリックして 移行 を選択します。
  2. 移行タイプを指定します。

    オプション

    説明

    コンピューティング リソースのみ変更します

    仮想マシンを別のホストまたはクラスタに移行します。

    コンピューティング リソースとストレージの両方を変更します

    仮想マシンを特定のホストまたはクラスタに移行し、そのストレージを特定のデータストアまたはデータストア クラスタに移行します。

  3. ターゲット ホストを選択して、次へ をクリックします。
  4. 仮想 Flash Read Cache で設定されたすべての仮想ディスクの移行設定を指定します。この移行パラメータは、ホストを変更せずにデータストアの変更のみを行う場合には表示されません。

    フラッシュ読み取りキャッシュ移行設定

    説明

    常にキャッシュ コンテンツを移行

    ターゲット ホストにすべてのキャッシュ コンテンツを移行できる場合にのみ、仮想マシンの移行は処理されます。このオプションは、キャッシュが小さいときやキャッシュのサイズがアプリケーションのアクティブ データにきわめて近いときに役立ちます。

    キャッシュ コンテンツを移行しない

    ライトスルー キャッシュを削除します。キャッシュはターゲット ホストで再作成されます。このオプションは、キャッシュが大きいときやキャッシュのサイズがアプリケーションのアクティブ データよりも大きいときに役立ちます。

  5. Flash Read Cache を持つ仮想ディスクが複数存在する場合、個別のディスクごとに移行設定を調整できます。
    1. [詳細] をクリックします。
    2. 移行設定を変更する仮想ディスクを選択します。
    3. 仮想 Flash Read Cache 移行設定 列のドロップダウン メニューから、適切なオプションを選択します。
  6. 移行設定を完了し、終了 をクリックします。

次のタスク

仮想マシンの サマリ タブを調べて、移行が成功したことを確認します。

  • このタブでターゲット ホストの IP アドレスが正しく表示されていることを確認します。

  • [仮想マシンのハードウェア] パネルに各仮想ディスクの仮想 Flash Read Cache 情報が正しく表示されていることを確認します。