ストレージ アレイのパフォーマンスは、SAN 環境全体のパフォーマンスに影響する主要な要因の 1 つです。

ストレージ アレイのパフォーマンスに問題が発生した場合は、ストレージ アレイ ベンダーのドキュメントで関連情報を確認してください。

次の一般的なガイドラインで説明するように実行すると、vSphere 環境でアレイのパフォーマンスを向上させることができます。

  • LUN を割り当てるときは、複数のホストがその LUN にアクセスする可能性があり、各ホストで複数の仮想マシンが実行されることがある点を考慮に入れます。1 つのホストで使用される 1 つの LUN が、異なるオペレーティング システムで実行される多様なアプリケーションからの I/O を提供する可能性があります。このような場合はさまざまなワークロードが発生するため、通常、ESXi LUN を含む RAID グループには、ESXi を実行していないその他のサーバが使用する LUN は含めません。

  • 読み取り/書き込みキャッシュが使用できることを確認します。

  • SAN ストレージ アレイは、I/O がすべてのストレージ アレイ パスの間でロード バランシングされるように、継続的な再設計と調整を必要とします。この要件を満たすために、すべての SP 間で LUN へのパスを分散し、最適なロード バランシングを提供します。詳細な監視によって、LUN の分散を再調整する必要がある時期が示されます。

    静的にロード バランシングされたストレージ アレイの調整は、1 秒あたりの I/O 操作、1 秒あたりのブロック数、応答時間など、特定のパフォーマンス統計の監視の問題になります。すべての SP 間でワークロードが分散されるように LUN ワークロードを分散させることも重要です。

    注:

    動的ロード バランシングは、ESXi では現在サポートされていません。