esxcli コマンドを使用して、使用可能なマルチパスの要求ルールをリスト表示します。

このタスクについて

要求ルールでは、NMP マルチパス プラグインまたはサードパーティ製 MPP が特定の物理パスを管理するかどうかを指定します。各要求ルールでは、次のパラメータに基づいてパスのセットを識別します。

  • ベンダーまたはモデルの文字列

  • SATA、IDE、ファイバ チャネルなどのトランスポート

  • アダプタ、ターゲット、または LUN の場所

  • デバイス ドライバ (たとえば Mega-RAID)

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

esxcli --server=server_name storage core claimrule list --claimrule-class=MP コマンドを実行してマルチパスの要求ルールをリスト表示します。

esxcli storage core claimrule list コマンドのサンプル出力

Rule Class  Rule   Class    Type       Plugin     Matches
MP          0      runtime  transport  NMP        transport=usb
MP          1      runtime  transport  NMP        transport=sata
MP          2      runtime  transport  NMP        transport=ide
MP          3      runtime  transport  NMP        transport=block
MP          4      runtime  transport  NMP        transport=unknown
MP          101    runtime  vendor     MASK_PATH  vendor=DELL model=Universal Xport
MP          101    file     vendor     MASK_PATH  vendor=DELL model=Universal Xport
MP          200    runtime  vendor     MPP_1      vendor=NewVend model=* 
MP          200    file     vendor     MPP_1      vendor=NewVend model=* 
MP          201    runtime  location   MPP_2      adapter=vmhba41 channel=* target=* lun=* 
MP          201    file     location   MPP_2      adapter=vmhba41 channel=* target=* lun=* 
MP          202    runtime  driver     MPP_3      driver=megaraid 
MP          202    file     driver     MPP_3      driver=megaraid 
MP          65535  runtime  vendor     NMP        vendor=* model=*

この例は次のような意味です。

  • NMP は、USB、SATA、IDE、およびブロック SCSI トランスポートを使用するストレージ デバイスに接続されているすべてのパスを要求します。

  • MASK_PATH モジュールを使用して、使用されていないデバイスをホストから隠します。デフォルトで、PSA 要求ルール 101 は、DELL のベンダー文字列と Universal Xport のモデル文字列で Dell アレイ擬似デバイスをマスクします。

  • MPP_1 モジュールは、NewVend ストレージ アレイの任意のモデルに接続されているすべてのパスを要求します。

  • MPP_3 モジュールは、Mega-RAID デバイス ドライバが制御するストレージ デバイスへのパスを要求します。

  • 前述のルールに記載されていないすべてのパスは、NMP が要求します。

  • 出力の Rule Class 列は、要求ルールのカテゴリを示します。カテゴリは、MP (マルチパス プラグイン)、Filter (フィルタ)、または VAAI のいずれかです。

  • Class 列は、定義されているルールとロードされているルールを示します。Class 列の file パラメータは、ルールが定義されていることを表します。runtime パラメータは、ルールがシステムにロードされたことを表します。ユーザー定義の要求ルールを有効にするには、同じルール番号の行が 2 つ存在しなければなりません。1 つは file パラメータの行で、もう 1 つは runtime の行です。数字が小さいルールのいくつかでは、Class が runtime となっている 1 行だけの行があります。これらはシステム定義の要求ルールで、ユーザーが変更することはできません。