VMFS データストアまたはスクラッチ パーティションを作成するには、vmkfstools コマンドを使用します。

-C|--createfs [vmfs5|vmfs6|vfat]

このオプションにより、disk_ID:P などの指定された SCSI パーティションで VMFS データストアを作成します。このパーティションがデータストアのヘッド パーティションになります。VMFS5 と VMFS6 では、使用可能なブロック サイズは 1 MB のみです。

-C オプションとともに、次のサブオプションを指定できます。

  • -S|--setfsname - 作成している VMFS データストアのボリューム ラベルを定義します。このサブオプションは、必ず -C オプションとともに使用します。指定するラベルは、最大 128 文字で、先頭または末尾にスペースを含めることはできません。

    注:

    vCenter Server ではすべてのエンティティの文字数が 80 文字に制限されています。データストア名がこの制限を超える場合は、このデータストアを vCenter Server に追加する際に名前が短縮されます。

    ボリューム ラベルを定義したら、それを使用していつでも vmkfstools コマンドに VMFS データストアを指定できます。ボリューム ラベルは、ls -l コマンドで生成されるリストに、/vmfs/volumes ディレクトリの下にある VMFS ボリュームへのシンボリック リンクで表示されます。

    VMFS ボリューム ラベルを変更するには、ln -sf コマンドを使用します。次に例を示します。

    ln -sf /vmfs/volumes/UUID /vmfs/volumes/datastore

    datastoreUUID の VMFS に使用する新しいボリューム ラベルです。

    注:

    ホストが vCenter Server に登録されると、VMFS ボリューム ラベルに行う変更は、vCenter Server によって上書きされます。この操作によって、VMFS ラベルがすべての vCenter Server ホスト全体で一致することが保証されます。

  • -Y|--unmapGranularity #[bBsSkKmMgGtT] - このサブオプションは VMFS6 のみに適用されます。マッピング解除操作の精度を定義します。デフォルトの精度は 1 MB です。ブロック サイズの場合と同様に、単位のタイプを入力します。

  • -O|--unmapPriority <none|low|medium|high> - このサブオプションは VMFS6 のみに適用されます。マッピング解除操作の優先順位を定義します。

VMFS ファイル システムを作成する例

この例では、naa.ID:1 パーティションで my_vmfs という名前の新しい VMFS6 データストアを作成します。

 ~ vmkfstools -C vmfs6 -S my_vmfs /vmfs/devices/disks/naa.ID:1