RDM で仮想マシンを使用すると、マッピング済みの Raw LUN のパスを管理できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  3. 仮想ハードウェア タブをクリックして、ハード ディスク をクリックしてディスク オプション メニューを展開します。
  4. パスの管理 をクリックします。
  5. [マルチパス ポリシーの編集] ダイアログ ボックスを使用して、パスの有効化または無効化、マルチパス ポリシーの設定、および優先パスの指定を行います。

    パスの管理については、マルチパスとフェイルオーバーについて を参照してください。