VMFS データストアが使用するロック メカニズムに関する情報を取得するには、esxcli コマンドを使用します。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

VMFS ロック メカニズムに関する情報を表示するには、次のコマンドを実行します。

esxcli --server=server_name storage vmfs lockmode list

タスクの結果

次の表に、コマンドの出力に含まれる項目を一覧表示します。

表 1. VMFS ロック情報

フィールド

説明

ロック モード

データストアのロック構成を示します。

ATS-only

データストアは ATS のみのロック モードを使用するように構成されています。

ATS+SCSI

データストアは ATS モードを使用するように構成されています。ATS に障害が発生するか、ATS がサポートされていない場合は、データストアを SCSI に戻すことができます。

ATS upgrade pending

データストアは、ATS のみのモードへのオンライン アップグレードを進行中です。

ATS downgrade pending

データストアは、ATS+SCSI モードへのオンライン ダウングレードを進行中です。

ATS 互換

データストアは、ATS のみのモード用に構成できるかできないかを示します。

ATS アップグレード モード

データストアがサポートするアップグレードのタイプを示します。

None

データストアは ATS のみとの互換性がありません。

Online

ATS のみのモードへのアップデート中にデータストアを使用できます。

Offline

ATS のみのモードへのアップデート中にデータストアを使用できません。

ATS 非互換の理由

データストアが ATS のみと互換性がない場合は、この項目は非互換の理由を示します。