vCenter Server には、サポートされていないストレージ デバイスの使用で発生する可能性のある、ストレージ デバイスの破損やパフォーマンスの低下を回避するためのストレージ フィルタが用意されています。これらのフィルタはデフォルトで使用できます。

表 1. ストレージ フィルタ

フィルタ名

説明

config.vpxd.filter.vmfsFilter

(VMFS フィルタ)

vCenter Server が管理する任意のホストの VMFS データストアによってすでに使用されているストレージ デバイスや LUN をフィルタリングします。LUN は、別の VMFS データストアでフォーマットされる候補、または RDM として使用される候補として表示されません。

config.vpxd.filter.rdmFilter

(RDM フィルタ)

vCenter Server が管理する任意のホストの RDM によってすでに参照されている LUN をフィルタリングします。LUN は、VMFS でフォーマットされる候補、または別の RDM によって使用される候補として表示されません。

複数の仮想マシンが同じ LUN にアクセスする場合、これらの仮想マシンは同一の RDM マッピング ファイルを共有する必要があります。このタイプの構成については、『vSphere のリソース管理』ドキュメントを参照してください。

config.vpxd.filter.SameHostsAndTransportsFilter

(同じホストと転送フィルタ)

ホストまたはストレージ タイプに互換性がないため VMFS データストア エクステントとして使用できない LUN をフィルタリングします。次の LUN はエクステントとして追加できません。

  • 元の VMFS データストアを共有するすべてのホストに公開されていない LUN。

  • 元の VMFS データストアが使用するものと異なるタイプのストレージを使用する LUN。たとえば、ローカル ストレージ デバイス上の VMFS データストアに、ファイバ チャネル エクステントを追加することはできません。

config.vpxd.filter.hostRescanFilter

(ホストの再スキャン フィルタ)

データストアの管理操作を行なったあと、自動的に VMFS データストアを再スキャンおよびアップデートします。フィルタは、vCenter Server が管理するすべてのホスト上にある、すべての VMFS データストアの一貫した表示を提供します。

注:

ホストまたはクラスタに新しい LUN を提供した場合、ホストの再スキャン フィルタがオンであるか、オフであるかに関係なく、ホストによって自動的に再スキャンが実行されます。