仮想フラッシュ リソースを設定したり、既存の仮想フラッシュ リソースに容量を追加したりできます。

このタスクについて

仮想フラッシュ リソースを設定するには、ホストに接続されたローカル フラッシュ デバイスを使用します。仮想フラッシュ リソースの容量を増やすため、『構成の上限』ドキュメントに示されている最大数までデバイスを追加することができます。個々のフラッシュ デバイスは、仮想フラッシュ リソース専用に割り当てる必要があります。仮想フラッシュ リソースを vSAN や VMFS などの他の vSphere サービスと共有することはできません。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. [仮想フラッシュ] で 仮想フラッシュ リソース管理 を選択し、容量を追加 をクリックします。
  4. 使用可能なフラッシュ デバイスのリストから、仮想フラッシュ リソースで使用するデバイスを 1 つ以上選択し、OK をクリックします。

    特定の状況下では、リストにフラッシュ デバイスが表示されないことがあります。詳細については、『vSphere のトラブルシューティング』ドキュメントの「フラッシュ デバイスのトラブルシューティング」セクションを参照してください。

タスクの結果

仮想フラッシュ リソースが作成されます。[デバイスの補助] 領域に、仮想フラッシュ リソースとして使用するすべてのデバイスが一覧表示されます。

次のタスク

仮想フラッシュ リソースはホストのキャッシュ構成や仮想ディスクの Flash Read Cache 構成で使用できます。さらに、vSphere APIs for I/O Filtering で開発された I/O キャッシュ フィルタで仮想フラッシュ リソースが必要になることがあります。

容量は、仮想フラッシュ リソースにフラッシュ デバイスを追加することによって増加できます。