iSCSI ポートのバインドを設定すると、ソフトウェアまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタと物理ネットワーク アダプタの間でトラフィックをやり取りするための接続が作成されます。

このタスクについて

次のタスクは、vSphere の標準スイッチによる iSCSI ネットワーク構成について説明します。

iSCSI ポートのバインド設定では、VMware vSphere® Distributed Switch™ と VMware NSX® Virtual Switch™ も使用できます。NSX 仮想スイッチの詳細については、『VMware NSX』ドキュメントを参照してください。

複数のアップリンク ポートがある vSphere Distributed を使用している場合は、ポートのバインドに、物理 NIC ごとに個別の分散ポート グループを作成します。次に、各分散ポート グループのアクティブなアップリンク ポートが 1 つだけになるようにチーム ポリシーを設定します。分散スイッチの詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。