ESXi を SAN と併用する場合、SAN の問題を回避するためのガイドラインを遵守してください。

次の点に注意してください。

  • 各 LUN には、VMFS データストアを 1 つのみ配置します。

  • パス ポリシーの変更について熟知していない場合は、システムで設定されているパス ポリシーをそのまま使用します。

  • すべてを文書化します。これには、構成、アクセス コントロール、ストレージ、スイッチ、サーバと iSCSI HBA の構成、ソフトウェアとファームウェアのバージョン、およびストレージ ケーブル計画に関する情報を記載します。

  • 障害に対する計画を立てます。

    • トポロジ マップの複製をいくつか作成します。エレメントに障害が発生した場合の SAN への影響をエレメントごとに検討します。

    • 設計上の重大な障害を見落とさないように、さまざまなリンク、スイッチ、HBA、およびその他のエレメントを確認します。

  • iSCSI HBA が、スロットとバス速度を基準として、ESXi ホストの正しいスロットにインストールされていることを確認します。サーバで使用可能なバス間で、PCI バスの負荷を分散します。

  • ESXi パフォーマンス チャート、イーサネット スイッチ統計情報、ストレージ パフォーマンス統計情報など、ストレージ ネットワークのさまざまな監視ポイントに精通しておきます。

  • LUN ID の変更は、LUN にデプロイされている VMFS データストアで、いずれの仮想マシンも実行されていないときにのみ行ってください。ID を変更すると、VMFS データストアで実行中の仮想マシンが停止します。

    LUN の ID を変更したあとで、再スキャンを実行してホストの ID をリセットする必要があります。再スキャンについては、ストレージの再スキャン操作を参照してください。

  • iSCSI アダプタのデフォルトの iSCSI 名を変更する必要がある場合には、入力する名前が世界中で一意であり、適切にフォーマットされていることを確認します。ストレージ アクセスの問題を回避するには、異なるホスト上でも、同じ iSCSI 名を異なるアダプタに決して割り当てないでください。