Storage API は、いくつかの vSphere 機能およびソリューションを拡張するコンポーネントを開発するためにサードパーティのハードウェア、ソフトウェアおよびストレージ プロバイダによって使用される API のファミリです。

このストレージに関するドキュメントでは、ご使用のストレージ環境に役立ついくつかの Storage API について説明します。このファミリの他の API(vSphere APIs - Data Protection など)の詳細については、VMware Web サイトを参照してください。

vSphere APIs for Storage Awareness

サードパーティ ベンダーまたは VMware から提供される VASA とも呼ばれるこれらの API を使用すると、vCenter Server と基盤となるストレージ間の通信が可能になります。ストレージ エンティティは、VASA を使用して、設定、機能、ストレージの健全性、イベントに関する情報を vCenter Server に通知することができます。また VASA は、vCenter Server の仮想マシン ストレージ要件をストレージ エンティティに提供することができ、これによりストレージ レイヤーが確実に要件を満たすことができるようになります。

Virtual Volumes、vSAN、vSphere APIs for I/O Filtering (VAIO) およびストレージ仮想マシン ポリシーを使用するときは、VASA が必ず必要になります。ストレージ プロバイダの使用を参照してください。

vSphere APIs for Array Integration

VAAI とも呼ばれるこれらの API には、次のコンポーネントが含まれています。

  • ハードウェア アクセラレーション API。vSphere にアレイを統合して、特定のストレージ操作をアレイに対してオフロードできるようにします。この統合は、ホストでの CPU オーバーヘッドを大幅に軽減します。ストレージのハードウェア アクセラレーションを参照してください。

  • アレイ シン プロビジョニング API。シン プロビジョニング ストレージ アレイの容量の使用状況を監視して、容量不足を防止し、容量を再利用を支援します。ESXi とアレイ シン プロビジョニングを参照してください。

マルチパス用の vSphere API

プラグイン可能なストレージ アーキテクチャ (PSA) と呼ばれるこれらの API を使用すると、ストレージ パートナーは、アレイごとに最適化されたマルチパスおよびロードバランシング プラグインを作成して提供できます。プラグインはストレージ アレイと通信し、最適なパスの選択方法を決定して、ESXi ホストからストレージ アレイへの I/O のパフォーマンスと信頼性を向上させます。詳細については、複数のパスの管理を参照してください。