I/O フィルタ ベンダーから提供されたインストーラを使用して、ESXi ホスト クラスタにデプロイされた I/O フィルタをアップグレードします。

このタスクについて

アップグレードは、古いフィルタ コンポーネントのアンインストールと、新しいフィルタ コンポーネントとの置き換えで構成されています。インストールがアップグレードであるかどうかを判断するために、vCenter Server により、既存のフィルタの名前とバージョンがチェックされます。既存のフィルタ名が新しいフィルタ名と一致するが、バージョンが異なる場合、インストールがアップグレードだとみなされます。

前提条件

  • 必要な権限:ホスト.構成.パッチ

手順

  1. フィルタをアップグレードするには、ベンダーが提供するインストーラを実行します。

    アップグレード中、vSphere ESX Agent Manager により自動的にホストがメンテナンス モードになります。

    インストーラにより、新しいフィルタ コンポーネントのインストール前に既存のフィルタ コンポーネントが識別されて削除されます。

  2. ESXi ホストから I/O フィルタ コンポーネントが確実にアンインストールされたことを確認します。

    esxcli --server=server_name software vib list

タスクの結果

アップグレード後、vSphere ESX Agent Manager によりホストが操作モードに戻ります。