ESXi ホストと仮想マシンが使用する仮想フラッシュ リソースを設定する場合には、いくつかの考慮事項が適用されます。

  • 仮想フラッシュ リソースは VFFS ボリュームとも呼ばれ、1 つの ESXi ホストに 1 つだけ配置できます。仮想フラッシュ リソースは、ホストのレベルでのみ管理されます。

  • 仮想フラッシュ リソースを使用して仮想マシンを保存することはできません。仮想フラッシュ リソースは、キャッシュ レイヤーのみです。

  • 仮想フラッシュ リソースとして使用できるのは、ローカル フラッシュ デバイスのみです。

  • 仮想フラッシュ リソースは、混在するフラッシュ デバイスで作成することができます。すべてのデバイス タイプが同様の方法で扱われ、SAS、SATA、または PCI Express 接続の区別はありません。混在するフラッシュ デバイスからリソースを作成する場合は、性能が似ているデバイスをまとめてグループ化し、確実にパフォーマンスが最大化されるようにしてください。

  • 仮想フラッシュ リソースと vSAN で同じフラッシュ デバイスを使用することはできません。それぞれに、独自の排他的かつ専用のフラッシュ デバイスが必要です。

  • 仮想フラッシュ リソースの合計使用可能容量は、ホスト スワップ キャッシュとして ESXi ホストが使用でき、読み取りキャッシュとして仮想マシンが使用できます。

  • スワップ キャッシュ用または読み取りキャッシュ用に個別のフラッシュ デバイスを選択することはできません。すべてのフラッシュ デバイスは、単一のフラッシュ リソース エンティティに結合されます。