動的検出では、イニシエータが指定された iSCSI ストレージ システムに接続するたびに、SendTargets 要求がシステムに送信されます。iSCSI システムは、使用可能なターゲットのリストをイニシエータに提供します。動的検出方法の他に、静的検出を使用して、ターゲットの情報を手動で入力することも可能です。

このタスクについて

静的検出または動的検出を設定する場合は、新しい iSCSI ターゲットしか追加できません。既存のターゲットのパラメータは変更できません。これを変更するには、既存のターゲットを削除して新しいターゲットを追加します。

前提条件

必要な権限:ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ストレージ で、ストレージ アダプタ をクリックし、設定するアダプタ (vmhba#) を選択します。
  4. [アダプタの詳細] で、ターゲット タブをクリックします。
  5. 検出方法を構成します。

    検出方法

    説明

    動的検出

    1. 動的検出 をクリックし、追加 をクリックします。

    2. ストレージ システムの IP アドレスまたは DNS 名を入力し、OK をクリックします。

    3. iSCSI アダプタを再スキャンします。

    iSCSI システムとの SendTargets セッションが確立された後、ホストは新たに検出されたすべてのターゲットで静的検出リストを作成します。

    静的検出

    1. 静的検出 をクリックし、追加 をクリックします。

    2. ターゲットの情報を入力し、OK をクリックします。

    3. iSCSI アダプタを再スキャンします。