esxcli コマンドを使用して、特定のストレージ デバイスのハードウェア アクセラレーションのサポート ステータスを確認します。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

esxcli --server=server_name storage core device list -d=device_ID コマンドを実行します。

出力に、ハードウェア アクセラレーション (VAAI) のステータスが表示されます。 ステータスは、「不明」、「サポート」、または 「未サポート」 のいずれかです。

# esxcli --server=server_name storage core device list -d naa.XXXXXXXXXXXX4c
naa.XXXXXXXXXXXX4c
 Display Name: XXXX Fibre Channel Disk(naa.XXXXXXXXXXXX4c)
 Size: 20480
 Device Type: Direct-Access
 Multipath Plugin: NMP
 XXXXXXXXXXXXXXXX
 Attached Filters: VAAI_FILTER
 VAAI Status: supported
 XXXXXXXXXXXXXXXX