仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに適切なデータが入力されたら、ストレージ ポリシーの定義を開始できます。仮想マシン ストレージ ポリシーの基本要素はルールです。個々のルールは、仮想マシン ストレージとデータ サービスに関する 1 つの要件が記述されたステートメントです。ポリシー内では、ルールはルールのコレクションにグループ化されます。2 種類のコレクション(通常のルール セットと共通のルール セット)が存在します。

通常のルール セット

通常のルール セットはデータストア固有です。各ルール セットには、仮想マシン ストレージ リソースの要件を記述する配置ルールが含まれている必要があります。1 つのルール セット内のすべての配置ルールは、1 つのストレージ エンティティを表します。これらのルールは、タグまたはストレージ機能に基づきます。さらに通常のルール セットには、仮想マシンに提供されるデータ サービスを示すオプションのストレージ ポリシー コンポーネントを含めることができます。

ストレージ ポリシーを定義するには、通常のルール セットが 1 つ必要です。追加のルール セットはオプションです。1 つのポリシーで複数のルール セットを使用して、通常は複数のストレージ プロバイダから代替用のストレージ配置パラメータを定義できます。

共通のルール セット

共通のルール セットでは、データストア固有の通常のルール セットとは異なり、仮想マシンのストレージ配置を定義することも、配置ルールを含むこともありません。共通のルール セットは、すべてのタイプのストレージ用の一般的なルール セットであり、データストアには依存しません。このルール セットでは、仮想マシンに対するデータ サービスを有効化します。共通のルール セットには、暗号化またはレプリケーションなどの特定のデータ サービスを示すルール、またはストレージ ポリシー コンポーネントが含まれます。

表 1. 仮想マシン ストレージ ポリシーの構造

共通ルール

通常のルール セット

ESXi ホストにインストールされているデータ サービスを有効にするルール、または事前定義のストレージ ポリシー コンポーネント。たとえば、I/O フィルタによるレプリケーション。

仮想マシン ストレージ リソースの要件を記述する配置ルール。たとえば、Virtual Volumes の配置。

ストレージによって提供されるデータ サービスを有効にするルール、または事前定義のストレージ ポリシー コンポーネント。たとえば、Virtual Volumes によるキャッシュ。

ルールとルール セットの関係

ブール演算子 OR は、ポリシー内の通常のルール セット間の関係を定義します。AND 演算子は、1 つのルール セット内のすべてのルール間の関係を定義します。このポリシーには、共通ルールのみ、またはデータストア固有のルール セットのみ、あるいはその両方を含めることができます。共通ルールが存在しない場合は、1 つの通常のルール セットのすべてのルールを満たせば、ポリシー全体を満たしたことになります。共通ルールがある場合、ポリシーは、共通ルールと、通常のルール セットのいずれかのすべてのルールを満たすデータ ストアに一致します。

ブール演算子 OR は、ポリシー内の通常のルール セット間の関係を定義します。AND 演算子は、1 つのルール セット内のすべてのルール間の関係を定義します。