容量の自動再利用がサポートされていない VMFS データストアでは、esxcli コマンドを使用して、未使用のストレージ容量を手動で再利用できます。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

シン プロビジョニング デバイスの未使用のストレージ ブロックを再利用するには、次のコマンドを実行します。

esxcli --server=server_name storage vmfs unmap

このコマンドには次のオプションがあります。

オプション

説明

-l|--volume-label=volume_label

マップ解除する VMFS ボリュームのラベル。必須の引数です。この引数を指定した場合、-u|--volume-uuid=volume_uuid は使用しないでください。

-u|--volume-uuid=volume_uuid

マップ解除する VMFS ボリュームの UUID。必須の引数です。この引数を指定した場合、-l|--volume-label=volume_label は使用しないでください。

-n|--reclaim-unit=number

反復ごとにマップ解除する VMFS ブロックの数。オプションの引数です。指定されていない場合、コマンドはデフォルト値の 200 を使用します。

次のタスク

重要:

追加の詳細情報は、http://kb.vmware.com/kb/2014849 にある VMware ナレッジベースの記事を参照してください。