iSCSI アダプタと関連付けられた物理と VMkernel の両方のネットワーク アダプタに特別な考慮事項が適用されます。

iSCSI のネットワーク接続を作成した後、vSphere Web Client の iSCSI インジケータが有効になります。このインジケータは、特定の仮想または物理ネットワーク アダプタが iSCSI バインドであることを示します。iSCSI トラフィックで中断を回避するには、iSCSI バインドの仮想および物理ネットワーク アダプタを管理するときこれらのガイドラインおよび考慮事項に従います。

  • VMkernel ネットワーク アダプタに接続先の iSCSI ストレージ ポータルと同じサブネットでアドレスが割り当てられていることを確認します。

  • VMkernel アダプタを使用する iSCSI アダプタは、異なるサブネット上にある iSCSI ポートを検出した場合でも、これらのポートに接続できません。

  • 個別の vSphere スイッチを使用して、物理ネットワーク アダプタと VMkernel アダプタに接続するとき、vSphere スイッチが異なる IP サブネットに接続していることを確認します。

  • VMkernel アダプタが同じサブネットにある場合、それらは 1 つの vSwitch に接続されている必要があります。

  • VMkernel アダプタを異なる vSphere スイッチに移行する場合には、関連する物理アダプタを移動します。

  • iSCSI バインドの VMkernel アダプタまたは物理ネットワーク アダプタに構成変更を行わないでください。

  • VMkernel アダプタおよび物理ネットワーク アダプタの関連付けを解除する可能性がある変更を行わないでください。これらのアダプタのいずれか、またはそれらを接続する vSphere スイッチを削除すると、関連付けを解除できます。または、それらの接続の 1 対 1 のネットワーク ポリシーを変更した場合も解除できます。