既存のストレージ ポリシー コンポーネントを変更できます。また、クローン作成することにより、既存のコンポーネントのコピーを作成できます。

手順

  1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー の順にクリックします。
  2. ストレージ ポリシー コンポーネント タブをクリックし、編集またはクローン作成するコンポーネントを選択します。
  3. 次のいずれかのアイコンをクリックします。
    • 設定の編集

    • クローン作成

  4. 適切な値を変更します。

    編集する際には、データ サービスおよびプロバイダのカテゴリは変更できません。たとえば、元のコンポーネントが I/O フィルタによって提供されるレプリケーションを参照する場合、これらの設定は変更しないままにする必要があります。クローン作成する際には、元のコンポーネントのすべての設定をカスタマイズできます。

  5. 変更内容を保存するには、OK をクリックします。
  6. 仮想マシンに割り当てられた仮想マシン ストレージ ポリシーが編集するポリシー コンポーネントを参照する場合、ストレージ ポリシーを仮想マシンに再適用します。

    メニュー項目

    説明

    後で手動で行う

    このオプションを選択すると、ストレージ ポリシーに関連付けられたすべての仮想ディスクと仮想マシンのホーム オブジェクトのコンプライアンス状態は期限切れに変更されます。構成とコンプライアンスを更新するには、関連付けられたすべてのエンティティにストレージ ポリシーを手動で再適用します。仮想マシン ストレージ ポリシーの再適用を参照してください。

    今すぐ

    ストレージ ポリシーを編集した後すぐに、仮想マシンとコンプライアンス ステータスを更新します。