ホストの起動デバイスとして iSCSI LUN を設定し、使用する場合は、一般的なガイドラインを実行します。

次のガイドラインは、独立型ハードウェア iSCSI および iBFT からの起動に適用されます。

  • 起動構成で使用するハードウェアに関するベンダーの推奨事項を確認してください。

  • インストールの前提条件と要件については、『vSphere Installation and Setup』を参照してください。

  • DHCP の競合を避けるためには、固定 IP アドレスを使用します。

  • VMFS データストアとブート パーティションに、異なる LUN を使用します。

  • ストレージ システムで適切な ACL を構成します。

    • 起動 LUN は、その LUN を使用するホストからのみ認識できるようにします。その SAN のほかのホストからその起動 LUN を参照できないようにします。

    • VMFS データストアに LUN を使用する場合、複数のホストが LUN を共有できます。

  • 診断パーティションを構成します。

    • 独立型のハードウェア iSCSI のみを使用している場合は、診断パーティションを起動 LUN に配置できます。診断パーティションを起動 LUN に構成する場合、この LUN は複数のホストで共有できません。診断パーティションに独立した LUN を使用する場合、複数のホストが LUN を共有できます。

    • iBFT を使用して SAN から起動する場合は、SAN LUN 上に診断パーティションを設定できません。ホストの診断情報を収集するには、リモート サーバ上で vSphere の ESXi ダンプ コレクタを使用します。ESXi Dump Collector の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』および『vSphere のネットワーク』を参照してください。